かわいいくむくん 

 


先日のお休みの日のことです。
ボス君が用があって、ボクを連れてお店にきました。
ボク、朝起きてすぐにお店に来たから、お仕事の日と勘違いしちゃいました。

いつもの仕事の日みたいに、お店で朝ごはんを食べたボス君。
つづけて、ボクにも朝ごはんをくれました。
でも、いつもの仕事の日と勘違いしているボクは、食べる気になりません。
だって、仕事の日は、まーちゃんが来てからごはんなんです。

ごはんを食べようと思うんだけど、まーちゃんの顔みれないから、
食がすすみません(T_T)
ボクの変な様子に気がついてくれたボス君。
まーちゃんがこないから、食べないってのをわかってくれました。

《今日は休みだから、まーちゃんこないんだよ》
って教えてくれて、このままだと、ボクが誤解したままだから、
家に帰ることにしてくれました。

次の日に、このことをボス君からまーちゃんに話しました。
《私がこないと、ご飯がたべられないなんて、くむくんって、愛しい~~》
って、思いっきりだきしめてくれました。


・・・・単に、まーちゃん=あさごはんの習慣ってだけなんだけど。。。。
でも、あれから、ボクにチョーやさしいまーちゃん。
このままそう思わせておこうっと。
スポンサーサイト

category: くむくんのひとりごと

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oesfuku.blog77.fc2.com/tb.php/282-449403aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top